試験に出るドイツ語文法問題 入門・基礎編 – 059 / 語順


Question

とても熱心に私たちは働きます。

( ) ( ) ( ) wir.

(1) Sehr fleißig arbeiten

(2) Sehr arbeiten fleißig


Listening


Answer

Sehr fleißig arbeiten wir.

とても熱心に私たちは働きます。

・ドイツ語の平叙文では定動詞は必ず2つ目(2セット目)に置かれる。

・英語と異なりドイツ語では主語が文頭に来るとは限らない。

・sehr は fleißig を修飾する語なので、単独で文頭には置けない。sehr と fleißig で1つの文成分とみなす。


試験に出るドイツ語文法問題 入門・基礎編 – 058 / 語順


Question

私たちはとても熱心に働きます。

(  ) (  ) (  ) fleißig.

(1) Wir arbeiten sehr

(2) Sehr arbeiten wir


Listening


Answer

Wir arbeiten sehr fleißig.

私たちはとても熱心に働きます。

・ドイツ語の平叙文では定動詞は必ず2つ目(2セット目)に置かれる。

・sehr は fleißig を修飾する語なので、単独で文頭には置けない。sehr と fleißig で1つの文成分とみなす。


試験に出るドイツ語文法問題 入門・基礎編 – 033 / finden


Question

彼女は彼をとても親切だと思う。

Sie (  ) ihn sehr nett.

(1) finde

(2) findet


Listening


Answer

Sie findet ihn sehr nett.

彼女は彼をとても親切だと思う。

・finden のように語幹が -t / -d / -chn で終わるもの、その他一部の動詞は発音しやすくするために、主語が二人称親称(du / ihr)や三人称単数(er / sie / es など)の時、語幹と語尾の間に -e- を挿入し、-est や -et という変化をさせる。