規則動詞

規則動詞

・lernenのように語尾が -en で終わり、辞書に掲載されている形を不定形という。

lernen / 学ぶ

・ドイツ語の動詞は語幹と語尾から成り立っている。

lernen = lern + en

・ドイツ語の動詞は主語(人称と数)に応じて語幹や語尾が変化する。

Ich lerne Deutsch. / 私はドイツ語を学ぶ。

Du lernst Englisch. / 君は英語を学ぶ。

Er lernt Spanisch. / 彼はスペイン語を学ぶ。

・規則動詞は語尾だけが変化する。

Ich lerne Deutsch. / 私はドイツ語を学ぶ。

Ich wohne in Tokio. / 私は東京に住んでいる。

Ich trinke Milch. / 私はミルクを飲む。

・ 平叙文(普通の文)では動詞は2つ目の位置(2セット目)に置かれる。

Ich | lerne | Japanisch. / 私は日本語を学ぶ。

Er | lernt | Englisch. / 彼は英語を学ぶ。

口調上の e

・arbeiten や antworten のように語幹が -t / -d / -chn などで終わる動詞は口調をなめらかにするため、主語が 二人称親称(du / ihr)および三人称単数(er / sie / es)の時、語幹と語の間に e を挿入して変化させる。

Du arbeitest. / 君は働く。

Er antwortet / 彼は答える。

つづり字 s

・reisen / sitzen のように語幹が -s / -ss / -ß / -tz / -z / x などで終わる動詞は、主語が du の時、語尾変化が st ではなく t となる。

Du reist nach Deutschland. / 君はドイツへ旅行する。

Du sitzt auf dem Stuhl. / 君は椅子に座っている。