ドイツ語文法問題:名詞の格変化(2格)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ドイツ語文法 入門・基礎レベル

名詞の格変化(2格)に関する問題です。

以下の問題を解いた後、画面下部の【正解】で解答と解説をご確認下さい。

 

 

【問題】

① Ich finde den Sinn ( ) Lebens.

(a) dem (b) des (c) den (d) die

 

 

② Er wäscht den Kragen ( ) Hemdes.

(a) das (b) die (c) den (d) des

 

 

③ Meine Oma weiß die Schrecken des ( ).

(a) Krieg (b) Kriegen (c) Krieger (d) Krieges

 

 

④ Kennst du den Namen ( ) Lehrerin?

(a) dem (b) des (c) den (d) der

 

 

⑤ Ich messe die Maße ( ) Teppichs.

(a) des (b) dem (c) den (d) die

 

 

⑥ Ich weiß die Ursache des ( ).

(a) Unfalls (b) Unfälle (c) Unfall (d) Unfaller

 

 

⑦ Ein Gefühl ( ) Hasses ist sinnlos.

(a) dem (b) die (c) den (d) des

 

 

⑧ Ich forsche die Geschichte der ( ).

(a) Kirches (b) Kirche (c) Kirchs (d) Kircher

 

 

⑨ Ich checke die Mode ( ) Kleidung.

(a) dem (b) des (c) der (d) den

 

 

⑩ Das Tagebuch ( ) Partnerin ist langweilig.

(a) des (b) die (c) den (d) der

 

 



german_grund  german_mittel  german_oberstufe
german_idiom  german_grammar  german_grammar_mittel
 


【正解】

 

① Ich finde den Sinn des Lebens.

訳:私は人生の意味を見つける。

解説:主語や目的語となる名詞の後ろに「2格の名詞」を用いることで「〜の…」という意味を表すことができる。また、男性・中性名詞が2格の時は名詞の後ろに -s/-es をつける。ここでは中性名詞 Leben が2格なので、冠詞は des となり、名詞自体は Lebens となる。

 

 

② Er wäscht den Kragen des Hemdes.

訳:彼はシャツの襟を洗う。

解説:主語や目的語となる名詞の後ろに「2格の名詞」を用いることで「〜の…」という意味を表すことができる。また、男性・中性名詞が2格の時は名詞の後ろに -s/-es をつける。ここでは中性名詞 Hemd が2格なので、冠詞は des となり、名詞自体は Hemdes となる。

 

 

③ Meine Oma weiß die Schrecken des Krieges.

訳:おばあちゃんは戦争の恐ろしさを知っている。

解説:主語や目的語となる名詞の後ろに「2格の名詞」を用いることで「〜の…」という意味を表すことができる。また、男性・中性名詞が2格の時は名詞の後ろに -s/-es をつける。ここでは男性名詞 Krieg が2格なので、冠詞は des となり、名詞自体は Krieges となる。

 

 

④ Kennst du den Namen der Lehrerin?

訳:君はその女教師の名前を知っている?

解説:主語や目的語となる名詞の後ろに「2格の名詞」を用いることで「〜の…」という意味を表すことができる。また、男性・中性名詞が2格の時は名詞の後ろに -s/-es をつける。ここでは女性名詞 Lehrerin が2格なので、冠詞は der となり、名詞自体は Lehrerin のままとなる。

 

 

⑤ Ich messe die Maße des Teppichs.

訳:私はカーペットのサイズを測る。

解説:主語や目的語となる名詞の後ろに「2格の名詞」を用いることで「〜の…」という意味を表すことができる。また、男性・中性名詞が2格の時は名詞の後ろに -s/-es をつける。ここでは男性名詞 Teppich が2格なので、冠詞は des となり、名詞自体は Teppichs となる。

 

 

⑥ Ich weiß die Ursache des Unfalls.

訳:私は事件の原因を知っている。

解説:主語や目的語となる名詞の後ろに「2格の名詞」を用いることで「〜の…」という意味を表すことができる。また、男性・中性名詞が2格の時は名詞の後ろに -s/-es をつける。ここでは男性名詞 Unfall が2格なので、冠詞は des となり、名詞自体は Unfalls となる。

 

 

⑦ Ein Gefühl des Hasses ist sinnlos.

訳:憎しみの感情には意味がない。

解説:主語や目的語となる名詞の後ろに「2格の名詞」を用いることで「〜の…」という意味を表すことができる。また、男性・中性名詞が2格の時は名詞の後ろに -s/-es をつける。ここでは男性名詞 Hass が2格なので、冠詞は des となり、名詞自体は Hasses となる。

 

 

⑧ Ich forsche die Geschichte der Kirche.

訳:私はその教会の歴史を研究する。

解説:主語や目的語となる名詞の後ろに「2格の名詞」を用いることで「〜の…」という意味を表すことができる。また、男性・中性名詞が2格の時は名詞の後ろに -s/-es をつける。ここでは女性名詞 Kirche が2格なので、冠詞は der となり、名詞自体は Kirche のままとなる。

 

 

⑨ Ich checke die Mode der Kleidung.

訳:私は服装の流行をチェックする。

解説:主語や目的語となる名詞の後ろに「2格の名詞」を用いることで「〜の…」という意味を表すことができる。また、男性・中性名詞が2格の時は名詞の後ろに -s/-es をつける。ここでは女性名詞 Kleidung が2格なので、冠詞は der となり、名詞自体は Kleidung のままとなる。

 

 

⑩ Das Tagebuch der Partnerin ist langweilig.

訳:恋人の日記は退屈だ。

解説:主語や目的語となる名詞の後ろに「2格の名詞」を用いることで「〜の…」という意味を表すことができる。また、男性・中性名詞が2格の時は名詞の後ろに -s/-es をつける。ここでは女性名詞 Partnerin が2格なので、冠詞は der となり、名詞自体は Partienrin のままとなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。