関係詞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Deutsche Grammatik / 独文法

関係詞

 

① 関係詞を用いることで主文の名詞(先行詞)を修飾することができる。

② 関係代名詞は名詞(先行詞)の性と格によって変化する。

男性

女性

中性

複数

1格

der

die

das

die

2格

dessen

deren

dessen

deren

3格

dem

der

dem

denen

4格

den

die

das

die

 

③ 関係文は前後をカンマで区切り、定動詞を末尾に置く。

Ich gebe dir ein Buch, das ich gestern gekauft habe. (私は君に昨日買った本をあげます。)

Wo ist das Auto? – Das Auto habe ich letztes Jahr gekauft.

→Wo ist das Auto, das ich letztes Jahr gekauft habe? (去年買った車はどこですか?)

 

不定関係代名詞

① 不定関係代名詞 wer と was を用いることで、人や物事を表すことができる。

Wer nicht zu Hause bleiben will, (der) kann ausgehen. (家にいたくない人は出かけてもかまわない。)

Wen ich zuerst kennenlerne, den heirate ich. (最初に知り合う人と私は結婚する。)

 

② 不定関係代名詞 was の先行詞は省略することができる。

Du sollst tun, was du willst. (君はやりたいことをすべきである。)

 

③ 不定関係代名詞wasはdas, alles, etwasなどを先行詞とする場合や、前文の意味や内容を受ける際も用いることができる。

Alles, was du kaufen willst, kannst du in diesem Kaufhaus kaufen. (君が買いたいものは何でもこのデパートで買うことができる。)

Sie ist immer ernst, was mir gefällt. (あなたがいつも真面目です。それを私は気に入っている。)

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。