完了形

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Deutsche Grammatik / 独文法

完了形

 

① 完了形の文章はhaben / sein + 過去分詞で表すことができる。

② 弱変化の過去分詞はge+tの形、強変化の過去分詞はge+enの形をとる。

③ habenもしくはseinを文の2セット目に置き、過去分詞を文末に置く。

④ 分離動詞では前綴りの後にgeを挿入し、後を変化させる。

⑤ 非分離動詞の過去分詞にはgeを挿入しない。

⑥ 動詞の語尾が-ierenで終わる場合、ge-を挿入しない。

変化の基本

現在形

過去分詞

弱変化

lernen

gelernt

強変化

sehen

gesehen

分離動詞

ankommen

angekommen

 

habenと共に完了形をつくる動詞

– 4格の目的語を必要とする動詞

– 再帰動詞

– 助動詞

– sein支配以外の動詞

 

sein支配と共に完了形をつくる動詞

– 場所移動を表す動詞 (kommen, fahren 等)

– 状態変化を表す動詞(wachsen, einschlafen 等)

– その他の動詞(sein, bleiben, werden, geschehen 等)

 

助動詞の完了形

① 助動詞を「助動詞として使用」する場合、過去分詞は不定形。

Ich habe nicht kommen können.(私は来れなかった。)

② 助動詞を「本動詞として使用」する場合、助動詞は不規則に変化をする。

Ich habe das nicht gekonnt.(私はそれをできなかった)

 

知覚動詞・使役動詞の完了形

① 動詞を「知覚動詞」や「使役動詞」として使用する場合、過去分詞は不定形。

Hast du ihn kommen sehen?(君は彼が来るのを見た?)

Ich habe mir die Haare schneiden lassen.(私は髪を切ってもらった)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。