過去形

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Deutsche Grammatik / 独文法

過去形

① 過去形は過去の事象を述べる際に用いる。

② ただし、会話においては過去の事柄を述べる際に完了形を用いる事が多い。

③ 分離動詞の過去形は基本動詞部分を過去形にし、前綴りは末尾に置く。

* 分離動詞の過去分詞では前綴りと本動詞の間にgeが入る。

規則変化

① 過去を表す場合、動詞の語尾は現在形と異なる人称変化をする。

 

主語

動詞の語尾(過去形)

lernen

ich

-te

lernte

du

-test

lerntest

er / sie / es

-te

lernte

wir

-ten

lernten

ihr

-tet

lerntet

sie (Sie)

-ten

lernten

 

② 語幹が-t, -d, -m, -nで終わる動詞はeを補って変化させる。

 

主語

arbeiten

ich

arbeitete

du

arbeitetest

er / sie / es

arbeitete

wir

arbeiteten

ihr

arbeitetet

sie (Sie)

arbeiteten

 

不規則変化

① 英語同様、動詞の過去形や過去分詞は不規則に変化するものが多い。

② 不規則変化をする動詞の過去形では一人称単数・三人称単数は過去形の語幹そのまま、それ以外の人称では以下の表のように変化をさせる。

 

主語

nennen

ich

nannte

du

nanntest

er / sie / es

nannte

wir

nannten

ihr

nanntet

sie (Sie)

nannten

 

③ 不規則変化をする動詞の中でも強変化動詞は別の語尾変化をする。

 

主語

gehen

ich

ging

du

gingst

er / sie / es

ging

wir

gingen

ihr

gingt

sie (Sie)

gingen

 

④ 不規則変化をする動詞の中でも一部の動詞は例外的な語尾変化を必要とする。

 

主語

bitten

lesen

ich

bat

las

du

bat(e)st

last

er / sie / es

bat

las

wir

baten

lasen

ihr

batet

last

sie (Sie)

baten

lasen

 

sein

① 動詞 sein の過去形は使用頻度が最も多いため暗記が必要。

主語

sein

ich

war

du

warst

er / sie / es

war

wir

waren

ihr

wart

sie (Sie)

waren

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。