命令形

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Deutsche Grammatik / 独文法

命令形

 

① 命令文は二人称である「相手」に対して用いる。

動詞の変化

duに対して

語幹(+e)!

ihrに対して

語幹 + t !

Sieに対して

不定形 + Sie !

 

② duに対する命令文は「語幹 (+e)」を文頭に置き、最後に「!」をつける。

Lerne fleißig Deutsch! (真面目にドイツ語を学べ!)

③ eをi / ieに変えて変化する動詞は命令文でも同様の語幹変化をする。

Gib mir einen Apfel! (リンゴを僕に一つちょうだい!)

④ ihrに対する命令文は「語幹+t」を文頭に置き、最後に「!」をつける。

Geht zur Schule! (学校に行け!)

⑤ Sieに対する命令文は「不定形+Sie」を文頭に置き、最後に「!」をつける。

Schreiben Sie den Brief! (手紙を書いてください!)

⑥ 動詞 sein は命令文の場合、特殊な変化をする。

Sei vorsichtig! (注意して!)

 

sein

duに対して

Sei … !

ihrに対して

Seid … !

Sieに対して

Seien Sie … !

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。