知覚動詞・使役動詞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Deutsche Grammatik / 独文法

知覚動詞

① 知覚動詞(hören, sehen, fühlen 等)を用いることで「(誰かが)~するのを聞く / 見る / 感じる」といった意味を表すことができる。

② 知覚動詞や使役動詞は助動詞と同じく、文末に本動詞の不定形が来る。

【主語+知覚動詞+4格目的語+不定形】

Ich sehe seinen Bruder davonlaufen. (私は彼の兄弟が立ち去るのを見る。)

Sie hört ihren Freund ein Lied singen. (彼女は彼氏が歌を歌うのを聞く。)

 

使役動詞

① 使役動詞(lassen)を用いることで、「(誰かに)~させる / ~させておく」といった意味を表すことができる。

② 使役動詞は助動詞と同じく、文末に本動詞の不定形が来る。

③ 使役動詞 lassen には様々な用法がある。

【~させる・してもらう】

Ich lasse meine Frau mein Auto fahren. (私は妻に車を運転させる。)

【~させる・~させておく】

Lass mich noch länger schlafen! (もっと寝させて!)

【~のままにしておく】

Sie ließ den Motor laufen. (彼女はエンジンをかけたままにしていた。)

【~しよう】

Lass uns gehen! (さあ行きましょう!)

【~されうる・~できる】

Das Bier lässt sich trinken. (このビールはいける)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。