名詞の性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Deutsche Grammatik / 独文法

名詞の性

① ドイツ語の名詞には男性、女性、中性と3つの性があり、それぞれ異なる冠詞を必要とする。
② また複数形は1種類で冠詞はdieを用いるが、女性名詞につくdieとは異なる冠詞である。また冠詞の変化も異なる。
③ Elternなど一部の名詞には単数形がなく、複数形のみで成り立つ名詞も存在する。

名詞の性

定冠詞+名詞

日本語

男性

der Vater

女性

die Mutter

中性

das Kind

子供

複数

die Eltern

両親

 

男性名詞のルール

① それぞれの名詞がどの性になるかはそれぞれ覚える必要があるが、語尾から判断することも可能。ただし、例外も多いので注意が必要である。

名詞の語尾

-ist

der Polizist

-loge

der Biologe

-ent

der Student

-ismus

der Kapitalismus

-ling

der Frühling

-or

der Autor

 

女性名詞のルール

① それぞれの名詞がどの性になるかはそれぞれ覚える必要があるが、語尾から判断することも可能。ただし、例外も多いので注意が必要である。

名詞の語尾

-ung

die Bedeutung

-heit

die Krankheit

-keit

die Möglichkeit

-schaft

die Freundschaft

-ei

die Polizei

-ie

die Familie

-ion

die Lektion

-enz

die Konferenz

-ität

die Qualität

-ik

die Politik

 

中性名詞のルール

① それぞれの名詞がどの性になるかはそれぞれ覚える必要があるが、語尾から判断することも可能。ただし、例外も多いので注意が必要である。

名詞の語尾

-chen

das Mädchen

-lein

das Fräulein

-tum

das Eigentum

 

男性弱変化名詞

・男性弱変化名詞は2格・3格・4格で語尾に-n / -enを必要とする男性名詞のことである。

単数形

複数形

1格

der Polizist

die Polizisten

2格

des Polizisten

der Polizisten

3格

dem Polizisten

den Polizisten

4格

den Polizisten

die Polizisten

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。