【動詞の現在人称変化】 sein

Deutsche Grammatik / 独文法

sein の現在人称変化

 

・現在人称変化では „sein“ はそのまま使われず、別の形に変化する。

・英語の be 動詞が I am / You are / He is になるようなイメージ。

主語

sein

ich

bin

du

bist

er / sie / es

ist

wir

sind

ihr

seid

sie / Sie

sind

 

sein の使い方

・職業、身分、国籍などを表す場合は無冠詞となる。

Ich bin Arzt.

私は医者です。

Er ist Lehrer.

彼は教師です。

Ich bin Japaner.

私は日本人です。

疑問文

・補足疑問文では定動詞は第2位(2セット目)。

Wo ist sie? – Sie ist da.

彼女はどこですか? – 彼女はそこにいます。

・職業を訪ねる場合は Was sind Sie von Beruf? という定形句を用いる。

Was ist sie von Beruf? – Sie ist Lehrerin.

彼女の職業は何ですか? – 彼女は教師です。

・人物が誰かを訪ねる場合は、疑問詞 wer を用いる。

Wer ist sie? – Sie ist Julia.

彼女は誰? – 彼女はユリアです。

・決定疑問文では定動詞は文頭に置かれる

Bist du müde? – Ja, ich bin müde.

君は疲れてる? – うん、僕は疲れてるよ。

Bist du krank? – Nein, ich bin nicht krank.

君は病気なの? – いいや、僕は病気じゃないよ。

sein の意味

・sein は 前後のA=Bを成り立たせる関係にある。

Er ist Schüler.

彼は生徒です。(Er = Schüler)

Ich bin müde.

私は疲れています。(Ich = müde)

・動詞と密接に結びついた語は特別な強調以外、文末に置かれる事が多い。

Er ist seit gestern müde.

彼は昨日から疲れている。

・否定文では否定したい内容の前に nicht を置く。

Ich bin nicht Lehrer.

私は教師ではありません。

・sein にはA=Bの他に、「いる」「ある」「存在する」といった意味もある。

Er ist dort.

彼はそこにいる。

Sie ist in Berlin.

彼女はベルリンにいる。

Hier ist sie.

ここに彼女がいる。

 

【疑問文】疑問詞 / 補足疑問文 / 決定疑問文 / 否定疑問文 / Ja, Nein, Doch

Deutsche Grammatik / 独文法

疑問文

・疑問文には「いつ?」「どこ?」などの疑問詞を必要とする補足疑問文と、「はい」「いいえ」で答えられる決定疑問文がある。

補足疑問文:定動詞第2位

・補足疑問文では疑問詞を1番目(1セット目)に置き、定動詞は2番目(2セット目)に置かれる。

Wo wohnt Julia? – Sie wohnt in Wien.

ユリアはどこに住んでいますか? – 彼女はウィーンに住んでいます。

Was lernen Sie? – Ich lerne Deutsch.

あなたは何を学んでいますか? – 私はドイツ語を学んでいます。

Woher kommen sie? – Sie kommen aus Berlin.

彼らはどこから来ましたか? – 彼らはベルリンから来ました。

Wer kommt heute? – Heute kommt Andreas.

誰が今日来ますか? – 今日はアンドレアスが来ます。

Bis wann arbeitest du? – Ich arbeite bis 20 Uhr.

いつまで君は働いているの? – 私は20時まで働いています。

一般的な疑問詞

wann いつ?
wo どこで?
woher どこから?
wohin どこへ?・どこに?
wer 誰?
was 何?
warum なぜ?
wie どのように?・どうやって?

 

決定疑問文:定動詞第1位 / Ja / Nein

・決定疑問文では定動詞を1番目(1セット目)に置く。

・英語と異なり、do や does の用な代動詞は用いない

Kommen Sie aus Korea?

あなたは韓国の出身ですか?

Sprechen Sie Chinesisch?

あなたは中国語を話しますか?

・決定疑問文への返答は Ja(はい)、  Nein(いいえ)となる。

Kommen Sie aus Japan? – Ja, ich komme aus Japan.

あなたは日本の出身ですか? – はい、私は日本の出身です。

・一部の語句を否定する場合は、その語句の前に nicht を置く。

Kommen Sie aus Wien? – Nein, ich komme nicht aus Wien.

あなたはウィーンの出身ですか? – いいえ、私はウィーンの出身ではありません。

・決定疑問文の返事として、文全体を否定する場合は nicht を文末に置く

Kommt er morgen? – Nein, er kommt morgen nicht.

彼は明日来ますか? – いいえ、彼は明日来ません。

否定疑問文:定動詞第1位 / Doch

・否定疑問文は「~ではないのですか?」という nicht などの否定語を含む疑問文

Rauchen Sie nicht?

あなたはタバコを吸わないのですか?

・否定疑問文への返答は DochNein となる。

・「~しないの?」という問いに対して「いやいや、~するよ」という打ち消しの返答には Doch を用いる。

 

タバコを吸いますか? 吸う場合: Ja
吸わない場合: Nein
タバコを吸わないのですか? 吸う場合: Doch
吸わない場合: Nein

 

・否定疑問での Nein は日本語訳が常に「いいえ」ではないので、注意が必要。

Rauchen Sie nicht? – Doch, ich rauche.

あなたはタバコを吸わないのですか? – いやいや、私はタバコを吸います。

Rauchen Sie nicht? – Nein, ich rauche nicht.

あなたはタバコを吸わないのですか? – はい、私はタバコを吸いません。

 

【定動詞の位置】平叙文 / 文成分 / 定動詞第2位 / 不定詞句

Deutsche Grammatik / 独文法

平叙文:定動詞第2位

 

・平叙文では動詞は2つ目に置く。

・それ以外の文成分はある程度自由に語順を変えることできる。

Sie kommt heute.

彼女は今日来る。

Morgen kommt er.

明日は彼が来る。

文成分

・標準的な語順は「主語+述語+その他の要素」という順序。

Ich lerne Deutsch.

私はドイツ語を学ぶ。

・平叙文では、「2番目の位置(2セット目)」に定動詞が置かれる。

Morgen fahre ich nach Deutschland.

明日、私はドイツへ行く。

・文成分には主語や述語の他に、時間・状態・場所などを表す状況語や目的語がある。

heute 今日

immer いつも

fleißig 勤勉に

・文成分は1単語だけではなく、複数の語で成り立つ事もある

nach Deutschland ドイツへ

aus Wien ウィーンから

mit der Mutter 母と一緒に

定動詞第2位の原則

・ドイツ語では主語が文頭に置かれるとは限らない

Jetzt lerne ich Deutsch.

今、私はドイツ語を学んでいる。

・平叙文では、「2番目の位置(2セット目)」に定動詞が置かれる。

 

1番目(1セット目)

2番目(2セット目)

3番目(3セット目)

4番目(4セット目)

Ich

fahre

nach Deutschland.

Nach Deutschland

fahre

ich.

Mogren

fahre

ich

nach Deutschland.

In Japan

lerne

ich

Deutsch.

 

場所を表す状況語が前に出た例

Aus Osaka kommt er.

大阪から彼は来ている。

*Aus Osaka (大阪から) が1セット目

様態を表す状況語が前に出た例

Sehr ernst arbeitet sie.

とても真面目に彼女は働いている。

*Sehr ernst (とても真面目に) が1セット目

目的語が前に出た例

Japanisch lernt Andreas.

日本語をアンドレアスは学んでいる。

*Japanisch (日本語) が1セット目

・ドイツ語の語順は比較的緩やかだが、英語や日本語とは異なる

・大前提として「定動詞は2番目(2セット目)」ということが重要。

Julia kommt manchmal spät.

ユリアは時々遅れてくる。

Manchmal kommt Julia spät.

時々ユリアは遅れてくる。

不定詞句(見出し語)

・辞書などの見出し語では、不定詞句として語句の最後に動詞が置かれている事がある。

morgen kommen 明日来る

aus Deutschland kommen ドイツから来る

Deutsch lernen ドイツを学ぶ

・不定詞句はあくまで見出しのような表記なので、文にする場合は動詞の位置と形を変える必要がある

Ich komme morgen.

私は明日来る。

Ich komme aus Deutschland.

私はドイツの出身です。

Ich lerne Deutsch.

私はドイツ語を学ぶ