【ドイツ語文法】27-再帰代名詞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Deutschlernen mit Podcast!

 

Sie betrügt mich.
彼女は私を騙す。

◆ betrügen : 騙す

◇ この例文での mich は再帰代名詞ではなく人称代名詞の4格。

Sie betrügt dich.

彼女は君を騙す。

◆ betrügen : 騙す

◇ この例文での dich は再帰代名詞ではなく人称代名詞の4格。

Sie betrügt sich selbst.

彼女は自分自身を欺く。

◆ betrügen : 騙す
◆ selbst : (自分)自身・それ自体

◇ 代名詞と異なり再帰代名詞は主語自身に行為が戻ってくることを表す。
◇ 再帰代名詞の後ろに selbst を置くと「自分自身」ということが強調される。

Du betrügst dich selbst.

君は自分自身を欺く。

◆ betrügen : 騙す
◆ selbst : (自分)自身・それ自体

Sie betrügt sie.

彼女は(別の)彼女を騙す。

◆ betrügen : 騙す

◇ この例文での sie は再帰代名詞ではなく人称代名詞の4格。

Ich betrüge mich selbst.

私は自分自身を欺く。

◆ betrügen : 騙す
◆ selbst : (自分)自身・それ自体

◇ 代名詞と異なり再帰代名詞は主語自身に行為が戻ってくることを表す。
◇ 再帰代名詞の後ろに selbst を置くと「自分自身」ということが強調される。

Ich kaufe ein Buch.

私は本を買います。

◆ kaufen : 買う
◆ das Buch : 本

◇ 一般的には kaufen は4格目的語を必要とし、「〜を買う」という文を作る。

Er kauft mir ein Buch.

彼は私に本を買います。

◆ kaufen : 買う
◆ das Buch : 本

◇ この例文での mir は再帰代名詞ではなく人称代名詞の3格。「〜に‥を買う」という文。

Ich kaufe mir ein Buch.

私は(自分のために)本を買います。

◆ kaufen : 買う
◆ das Buch : 本

◇ 代名詞と異なり再帰代名詞は主語自身に行為が戻ってくることを表す。再帰代名詞 mir が入ることで、「(自分のために)買う」というニュアンスが加わる。

Die Großmutter verwöhnt mich.

その祖母は私を甘やかす。

◆ die Großmutter : 祖母
◆ verwöhnen : 甘やかす

◇ この例文での mich は再帰代名詞ではなく人称代名詞の4格。

Die Mutter verwöhnt sich selbst.

その母親は自分自身を甘やかす。

◆ die Mutter : 母親
◆ verwöhnen : 甘やかす
◆ selbst : (自分)自身・それ自体

◇ 代名詞と異なり再帰代名詞は主語自身に行為が戻ってくることを表す。
◇ 再帰代名詞の後ろに selbst を置くと「自分自身」ということが強調される。

Die Studentinnen kennen sich nicht.

その女子大生たちはお互いに面識がありません。

◆ die Studentin : 女子大生
◆ kennen : 知っている・知り合いである
◆ wissen : (知識として)知っている・分かっている

◇ 代名詞と異なり再帰代名詞は主語自身に行為が戻ってくることを表す。
◇ 主語が複数あるいは複数概念の場合、再帰代名詞は「お互いに」という意味で相互代名詞として einander の代わりに用いられることがある。

Die Studentinnen kennen einander nicht.

その女子大生たちはお互いに面識がありません。

◆ die Studentin : 女子大生
◆ einander : 互いに
◆ nicht : 〜ない
◆ kennen : 知っている・知り合いである
◆ wissen : (知識として)知っている・分かっている

◇ 主語が複数あるいは複数概念の場合、einander の代わりに再帰代名詞を用いることがある。

Die Studentinnen streiten sich immer.

その女子大生たちはいつも喧嘩をしています。

◆ die Studentin : 女子大生
◆ streiten : 争う・けんかする
◆ sich streiten mit D : Dと争いをする
◆ immer : いつも

◇ 代名詞と異なり再帰代名詞は主語自身に行為が戻ってくることを表す。
◇ 主語が複数あるいは複数概念の場合、再帰代名詞は「お互いに」という意味で相互代名詞として miteinander の代わりに用いられることがある。

Die Studentinnen streiten immer miteinander.

その女子大生たちはいつも喧嘩をしています。

◆ die Studentin : 女子大生
◆ streiten : 争う・けんかする
◆ sich streiten mit D : Dと争いをする
◆ miteinander : 一緒に・相互に
◆ immer : いつも

◇ 主語が複数あるいは複数概念の場合、miteinander の代わりに再帰代名詞を用いることがある。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ドイツ語の基礎単語をマスター

このアプリはドイツ語の「単語力」と「リスニング力」を鍛えるためのiPhone / iPad 用アプリです。

4つの学習パターンを繰り返しこなすことで、1ヶ月の学習で2000単語以上を覚えることが可能です。

またネイティブ音声を採用しているため、ドイツ語検定のリスニングパートや Goethe Institut などの国際試験にも対応しています。

・ドイツ人女性によるネイティブ音声

・暗記、選択、聴解、テスト、語彙検索を搭載

・基礎単語 2000語以上学習可能

・独検5級〜2級、ゲーテ試験A1〜B1に対応


アプリをチェック

SNSでもご購読できます。